熊野洞オルゴールのページにようこそ

お問い合わせは   
熊野洞(工房):022(255)8673
 毎週日曜祝日、第2・第4土曜日定休
熊野洞ギャラリー :022(223)5897
 営業時間11時〜17時 毎週月・火曜休廊

杜の都仙台にある熊野洞ではオルゴールの注文制作も承っております。
世界にひとつだけ、あなただけのオルゴールを丁寧に、心をこめて制作いたします。
 
            前ページに戻る       ホームに戻る

オルゴール
 展示会情報

 18弦mスイーツオルゴール
 18弦mハウスオルゴール
 18弦mミニチュアオルゴール
 18弦mミニチュアオルゴール2

 18弦オルゴール
 20弦手回しオルゴール
 30弦オルゴール
 50/72弦オルゴール
 100/144弦オルゴール
 反響ボックス/その他

 オルゴール作品動画特集
 曲目リスト
 オーダーについて
 木材見本
 オルゴールの修理
木のバッグ
 展示会情報
 木の取っ手のバッグ
 革の取っ手のバッグ
 折りたたみバッグ
 クラッチバッグ・ミニバッグ
 オーダーについて
 木材見本
熊野洞ギャラリー
 企画展
 アクセス
熊野洞工房
 展示会情報
 制作者プロフィール
お問い合わせ
アルバム
思い出の品を生かして
 アルバムや写真その他思い出の一部分を生かしてオルゴールに組み込んでみませんか?思い出の音楽もオルゴールに組み込むことができます。(右写真)

アルバムの表紙を活かしてオルゴール
 アルバムの表紙をオルゴールボックスの蓋に組み込み思い出の品をさらに格調高く仕上げました。

◆ボックスの修理◆

 熊野洞の手作りオルゴールは、細心の注意を払って製作されますが、万が一、ボックスに傷がついたり木が歪んだ際には修理・調整することができます。
 メールや電話でお問い合わせのうえ、現品を郵送、もしくは熊野洞ギャラリーへお持ち込みいただければお見積もりいたします。

・ヒモが戻らなくなった(18弦ミニオルゴール)

 どんぐり丸などのオルゴールで、ヒモや、ヒモの先の子犬・でんでん虫・羊が完全に戻らなくなった場合、修理することができます。

・ネジが上手くまわらなくなった(18弦オルゴール以上)

 ゼンマイが切れて手応えがなくなったり、ネジを回しきってもオルゴールが動かなくなった場合、修理することができます。

・ボックスの傷や歪み

 ボックスの木を削り直し、塗装し直した後に組み直します。削り直しは数ミリ単位で行いますので、深い傷でなければ、外見はさほど変わりません。
 削り直しの際には、都合上全ての面を削りますので、新品同様にお手許にお戻し致します。


トップに戻る


◆ムーブメントの修理◆

 現在、熊野洞で取り扱っているムーブメントは日本製とスイスリュージュ社のものです。
 音の調子が悪くなった際には修理・調整することができます。
 メールや電話でお問い合わせのうえ、現品を郵送、もしくは熊野洞ギャラリーへお持ち込みいただければお見積もりいたします。

・音程がおかしい、明らかに雑音が聞こえる

 ダンパーに原因があります。ダンパーを交換し、調整いたします。
 オルゴールの音の故障は、そのほとんがダンパーによるものです。オルゴールのムーブメントの中では一番の消耗品であり、折れたり外れたりするとコンコン、カチカチ、といった雑音が入ってきます。

 
 ダンパー修理の様子です。ダンパーは長すぎても短すぎても良い音色が出せません。

・音がずれている、二重に音が聞こえる

 櫛歯の弾くタイミングを調整いたします。
 また、シリンダーが動いて2〜3曲奏でるタイプのオルゴールは、シリンダーの動きが甘いと二重に音が聞こえる現象が起きます。大きな故障の原因となりますので、丁寧に調整いたします。

・音が小さい、曲が速い

 音量の調整を行うことができます。音が小さすぎる場合も音が大きすぎる場合も、お気軽にご連絡ください。
 曲を奏でるスピードも、ある程度調整することができます。曲が速すぎたり、遅すぎたりする場合、お直しいたします。
 ただし、30弦のオルゴールの場合は、完全な速度調整はできません。どのムーブメントであっても、ネジの巻き具合によってゆるやかに曲の速さが変化していくものですので、あらかじめご了承下さい。


トップに戻る


◆他店購入のオルゴールの修理◆

・現品を見てから修理可能か判断いたします

 数年前に海外で購入された品や、十年以上前に購入された思い出の品、友人知人から譲り受けたためどこのメーカーか分からない品、なども受け付けます。

 まず現品を拝見し、修理可能かどうか判断いたしますので、電話かメールで連絡のうえ熊野洞工房まで郵送、もしくは熊野洞ギャラリーへお持ち込みください。

 修理可能な場合、可能な修理方法をご連絡いたします。
 場合によっては何種類かの方法がございますので、お好きな方法をお選びいただけます。
 また、ムーブメントを取り出すために底を切り取ったり、新しい部品と交換するためにネジ穴を開けたりしなければ修理できない場合もございます。

 実費をお支払いいただいた後に修理いたします。
 修理不可の場合は、現品を郵送でお戻し致します。


トップに戻る

株式会社 熊野洞  KUMANODO

熊野洞ギャラリー : 宮城県仙台市青葉区小田原7−2−1 営業時間11時〜17時 毎週月・火曜休廊
電話(022)223−5897  FAX(022)223−4667
ギャラリーメール

熊野洞(工房) : 宮城県仙台市宮城野区岩切昭和北1−1 毎週日曜祝日、第2・第4土曜日定休
電話(022)255−8673  FAX(022)255−1130
工房メール